今回紹介したいのは、BEATNVISIONさんが投稿した『100均セリアの木箱で作ったシンセを演奏してみた Arduinoでシンセ(4)』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

Arduinoシンセを作るシリーズその4。前回作ったシンセを箱に入れて演奏。 鍵盤弾けないのでカオシレーターみたいにスケールで弾けるようにしてます。


 投稿者のBEATNVISIONさん100均セリアで買った桐箱をケースに使い、シンセサイザーを作りました。

 演奏がはじまると「凄すぎわろた」「すごい」と感嘆の声が上がります。

 上の黒いノブを調節しながら、下の白いスケールを鍵盤代わりに演奏。スケールには圧力を感知するSoftPotを使いました。SoftPotは押した位置がわかるセンサで、抵抗器の一種です。ノブも可変抵抗器につながっています。

 その機構や制作過程は動画『100均セリアの桐箱でシンセを作る 過程 Arduinoでシンセ(5)』に詳しくあります。興味を持たれた方はそちらをご覧ください。

 「すごいカッコいい音」の声も上がったシンセサイザー。自作の楽器を見事弾きこなしています。

視聴者コメント

・凄すぎわろた
・ちゃんと楽器してるな
・いいね
・こりゃ工夫したなあ すごい
・良いですね
・弾きこなしてるところもすごいな

▼動画はこちらから視聴できます

100均セリアの木箱で作ったシンセを演奏してみた Arduinoでシンセ(4)

―あわせて読みたい―

名曲『春よ、来い』を“ARピアノ”でカバーしてみた! プロジェクションマッピング用のソフトを使ったリアルタイムで桜が舞い散る幻想的な演出にウットリ

『鬼滅の刃』禰豆子のコスで『紅蓮華』を演奏してみた! 二胡とオタマトーンが奏でるハーモニーに「ほんと美しい」「歌ってるみたい」と称賛の声