毎年10月のハロウィンシーズンに開催されていた国内最大級のコスプレイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス」が新型コロナウイルス蔓延の影響で中止を決定。

初のオンライン開催(31日)に切り替えることが16日、明らかになった。

■昨年は12万人を超える人手

2014年からスタートした同イベント。

いまや池袋エリアを代表する秋の一大イベントになっており、昨年は10月26日、27日の2日間開催され約12万3000人の参加者が集まり、うちコスプレイヤーは約2万人と盛況だった。

関連記事:『コミケ』冬の開催も中止が決定 ネットでは心配する声も

■地元からもバックアップが

イベントにはアニメイト、ドワンゴ、ハコスタといった参加者たちに馴染み深い企業、さらには豊島区、豊島区商店街連合会、観光協会などが共催として名を連ねており、池袋駅東口エリアを舞台に、サンシャインシティ、サンシャイン通り、中池袋公園、東池袋公園、南池袋公園なども会場化するなど、街全体の協力があって成り立っていた。

今回の中止決断について実行委員会は、「新型コロナウイルスの影響により、昨年まで行ってきたステージイベントやパレードなど例年通りの規模での実施は困難と判断し、開催の中止を決定いたしました」と説明。

■オンライン版はまだ詳細情報なし


HPではオンラインでのイベント開催を説明する文章が記載された上、「開催を楽しみにしていたファンの皆様、開催に向けて準備されていた関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」と苦しい心内を明かした。

急遽の判断だったためか、オンラインイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス ONLINEコスプレ大感謝祭2020」についてはまだ詳細が明らかになっておらず、今後出演者やプログラムが決定する予定。

■渋谷を心配する声も

ネット上では「残念…コロナめ!許さん」「このご時世じゃ仕方ない」「イベントでしか会えない人がたくさんいるから毎年必ず行ってた」「今年行こうとしてたコスイベ全部終わった」という声が殺到。

一部ユーザーからは「怖いのは渋ハロ」と、この時期渋谷にも仮装する若者集団が集まることを懸念する声もあがっていた。

・合わせて読みたい→池袋にあるみずほ銀行、移転後の支店名と立地に困惑の声 「素人に厳しい…」

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

昨年12万人ものコスプレファンを集めた「池袋ハロウィン」、突如中止を発表